日本オーラルクリニック | 名古屋で受ける最先端のインプラント治療


はじめに
院長プロフィール
スタッフ紹介
クリニックの設備
治療コンセプト
当院の治療
口腔外科
インプラント
審美歯科
デンタルドック
メンテナンス
アクセス・診療時間
スタッフ募集
就職活動中の歯科衛生士さんへ
リンク
トピックス
最新のインプラント治療
智歯の抜歯
ホワイトニング
金属アレルギー
感染対策 スタンダードプレコーション
インプラント体験記
インプラント治療宿泊プラン
お問い合わせ
プレミアムインプラント治療専門/日本オーラルクリニック インプラントセンター 国際レベルの最先端インプラント治療を実践する
プライベートオフィス 詳しくはこちらから


 そのメインコンセプト→“即時負荷(immediate loading)と骨の増生術の回避”です。
 一つには今迄のインプラントの場合、人工歯根を埋入した後、すぐに補綴(歯を付ける)をしないで(即時負荷をかけないで)閉創し一定の治癒期間を経た後補綴をしていました。
 しかし、今多くの症例でインプラント埋入後すぐに歯を付け、すぐに物が噛める(即時負荷をかける)ようになりました。その結果、治療期間の短縮と患者の快適性が著しく向上しました。(ただし、従来の即時負荷をかけないで一定の治癒期間を設けたものの方がトラブルは少ないことも事実です。)
 そしてもう一つ、骨の増生術による感染等の合併や骨の採取の際の多大な手術侵襲を回避するために、骨の増生術をしないで人工歯根を埋入する様々な工夫がなされてきました。
 以下、そのソリューションをご紹介します。




インプラントの治療計画およびインプラントの三次元シミュレーションを可能にしたソフトで、当院で撮像したCT画像のデータをその場で変換し、最適な位置への三次元シミュレーションを実行。事前のプランニングの充実で高い予知性が得られ、美しく、機能する歯を即時に実現します。





無歯顎患者において、骨吸収の進行した上顎欠損部に対する画期的な治療法、2〜4本の標準インプラントとともに使用します。





臼歯部に傾斜を付けてインプラントを埋入し、即時に固定式補綴物を装着する治療法。骨の吸収が著しい場合を除き、あらゆる骨量に対応できます。





今迄5〜6mmの骨高ではインプラント治療は困難であるとの考えが一般的でした。しかし最近の知見でかなり良好な臨床成績をもたらすことが証明されて来ました。右側の写真(b)がショートインプラント。左側の従来(a)のサイズと比べてかなり短いことが分かります。