日本オーラルクリニック | 名古屋で受ける最先端のインプラント治療


はじめに
院長プロフィール
スタッフ紹介
クリニックの設備
治療コンセプト
当院の治療
口腔外科
インプラント
審美歯科
デンタルドック
メンテナンス
アクセス・診療時間
スタッフ募集
就職活動中の歯科衛生士さんへ
リンク
トピックス
最新のインプラント治療
智歯の抜歯
ホワイトニング
金属アレルギー
感染対策 スタンダードプリコーション
インプラント体験記
インプラント治療宿泊プラン
お問い合わせ


 当院は開業時より受診されるすべての方々を感染症の有無により区別することなく、しかも安全に治療を受けて頂くために、標準感染対策=スタンダードプリコーションを実践しています。

 今迄は、病原体が確認されたものだけを感染症と認識し対策をたてるとういものでしたが、エイズのように治療法が未確立な状態で感染が爆発的に拡大するという驚異に曝されるに至って感染症の有無にかかわらず、すべての患者の保有している病原体は未同定として対策を講じ、個々に区別することなく治療が提供できるシステムの必要性が生じました。1985年アメリカで考案されたすべての患者の血液、体液は感染の可能性のあるものとして取り扱う感染症対策は、ユニバーサルプリコーションと呼ばれています。

 1996年には、ユニバーサルプリコーションの改善版としてスタンダードプリコーションが出されています。これは、すべての湿性生体物(血液・体液、分泌物、及び排泄物)は感染の危険があると見なし取り扱うという基本理念に沿って、標準予防策、感染経路別予防策の2の柱で実践されています。

 さて、実践に際しては、滅菌(すべての微生物を殺滅させるか、完全に除去すること)できるものはすべて滅菌し、そうでないものはすべてディスポ−ザブルにする必要はなく、感染リスクのレベルに応じて、滅菌、消毒(人体に有害な微生物の感染性を無くすか、数を減らすこと)、洗浄(流水と洗浄剤などを使って目視できる汚染を洗い落とすこと)などの汚染除去法を適切に選択すればよいのです。

さらに当院では、第一世代のユニバーサルプリーションを第二世代のスタンダードプリコーションへ発展させ、更に現在第三世代の院内感染の拡大防止策としてインフェクションコントロールの実践を行っております。





 診療室は清掃が行い易いよう収納にて凹凸を排除しシンプルな構造を実現。床下はコ−ド類を排除し清拭し易く薬液の散布にも耐えられる素材を使用(※1)しています。チェアーユニットは逆流防止装置をはじめ滑らかで間隙が少なく清掃性に優れた表面仕上げ(※2)、床に触れることのないサクションホース(※3)、取り外して滅菌/消毒が可能なインススルメント・ホルダー(※4)やオペレ-イテングライト用ハンドル(※5)など感染対策に万全のハシジーンを達成しているドイツ、シ−メンス社製を採用しています。
 交差感染予防の観点から、本格的手洗い設備(※6)を始め、手を差し出すだけで自動的に手洗い用の消毒液や水が出るような設備も設置しています。

※1 凹凸を排除した床
※2 チェアーユニット
※3 サクションホース
※4 インススルメント・ホルダー
※5 オペレ-イテングライト用ハンドル
※6 本格的手洗い設備






基本セット

患者さんごとに1セットずつ用意します。中身は、毎回の診査や治療に必要な最少単位の器具で、歯科用ピンセット、デンタルミラー、歯科用短針(エキスプローラー)、エキスカベーター、ストッパー(練成充填器)、バキュームとバキュームチップ等です。


目視できるセメントや印象材などの汚れを除去


流水下の水槽に浸漬


薬液水槽に浸漬


超音波洗浄


医療用器具洗浄器(ウォッシャーディスインフェクター)


基本セットを組む


コンプレッセンで包み表示テープで止める


オートクレープにかける


滅菌(132度・10分間)
病院の中央滅菌室で使用される、真空脱気プレバキューム方式のオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を開業時より導入。


科学的インジケーター:滅菌済みをテープが表示(黒いクロスのラインが浮き出る)


保存



ハンドピース

歯科用のバーなどを保持し、回転させ、歯質や骨などの硬組織を切削する器具


20秒間以上通水


70%エタノールにて清拭、目視できる汚れを除去


注油


滅菌


保存